この場合、麻黄湯が服用の候補となります。

 フローチャートを利用し、現在の症状に従ってここまでたどり着いた場合、すぐに麻黄湯をお求め頂けます。ご希望の場合は、上記の青の文字をクリックすれば、麻黄湯の各製品表があるページに遷移します。そこでは、各製品ごとに、メイクショップ(弊社購入サイト)へのリンクが貼られています。同じ漢方処方で複数の製品がある場合は、①煎じ薬等(湯剤、丸剤、散剤(単体生薬末も含む))かエキス剤(顆粒、錠剤)か、②何日分か(長期か短期か)、③1日当たりいくらかかるか、などの観点からお選び下さい。

 お忙しい方や外出が困難な方のため、新薬堂薬局が工夫を凝らしてシステムを構築しました。ぜひ、ご利用ください。